メインビジュアル

マンションの給湯器を交換したい場合の
流れと費用

給湯器の耐用年数は一般的に10年程度で寿命を迎えるとされており、 特にマンションにお住まいの方は定期的な点検と交換の検討が必要です。 長期間にわたり同じマンションに住んでいる場合、給湯器の性能低下や故障が考えられるため、 早めにチェックすることをおすすめします。 また、入居時点で既に設置されている給湯器が新しいものでない可能性もあるため、 まずは現在の状態を確認し、適切な手順と費用を理解しておくことが重要です。 ここでは、分譲マンションおよび賃貸マンションでの給湯器交換の流れと費用について、具体的に説明します。

マンション 給湯器

給湯器をマンションで設置できるタイプは?

マンションで給湯器を設置するにあたりサイズを確認しましょう。16号、20号などがあり号数によって湯沸かし能力が違います。今取付られている給湯器が何号か確認しましょう。給湯器の号数がわからないかたは給湯器の号数とは?の記事をみて確認してみてください。

ガス給湯器よりも省エネ性能が高く、ランニングコストを抑えられるエコジョーズもマンションによっては可能です。賃貸にお住まいの方は事前にオーナー様などに確認するようにしましょう。

給湯器の排気の種類

標準排気

壁に穴を開けて排気管を設置するタイプです。最も一般的ですが、壁に穴を開ける必要があり、設置場所が制限されます。

前方排気

ベランダなどに設置でき、壁に穴を開ける必要がありません。近年人気が高まっており、設置場所の自由度が高いのが特徴です。

後方排気

キッチンの換気扇と共用でき、省スペースに設置できます。キッチンの近くに設置場所がある場合に適しています。

給湯器を分譲マンションで交換する流れ

分譲マンションでは、給湯器交換は個々の住民が自分で手配する必要がありますが、管理組合の承認が必要になることが一般的です。マンションの管理組合や業者によって詳細は異なる場合があります。

1.初期相談と問い合わせ

給湯器の交換を考え始めたら、まずは現在の給湯器の状態や希望する機能(例:オート・フルオートなど)について理解を深めます。その後、信頼できる業者やメーカーに問い合わせて、初期相談を行います。具体的な費用や時間についてもこの段階で確認しておくと良いでしょう。

2.調査と見積もり

実際の交換作業に入る前に、業者が現地調査を行います。調査の結果に基づいて、給湯器交換に関する詳細な見積もりが提供されます。特に、給湯器の種類(オート・フルオート)、リモコンの有無など細かい点も確認します。この時点で予定される費用や修理工事にかかる時間も確認しておきましょう。

3.管理組合の承認

分譲マンションでは、業者による交換作業を開始する前に管理組合の承認が必要です。承認を得るためには、見積もりや施工方法、予想される工事日数などの詳細な情報を管理組合に提出します。なお、管理組合によっては管理ルールがありますので、必ず確認しましょう。

4.業者の選定

複数の見積もりを比較検討し、適切な業者を選定します。業者の評判や保証内容も考慮して、自分にとって最良の選択をすることが大切です。一部の自治体では給湯器交換に対する補助金が出る場合もあるので、事前にチェックしておきましょう。

5.施工準備

選定した業者との契約を締結し、施工日のスケジュールを決定します。工事日時は自分のライフスタイルに合わせ、可能であればお湯を長時間使えなくなることがないようにします。検査や書類の準備もこの段階で整えます。

6.実際の給湯器交換工事

給湯器交換工事は通常1日以内に完了しますが、古い給湯器の取り外しや新しい給湯器の設置には時間がかかることがあります。施工中はお湯が使えないため、その間は他の方法でお湯を確保する必要があります。マンションの扉や内装に影響がないよう、施工前に保護シートを敷くなどして準備します。

7.施工完了と通知

施工が完了したら、業者からの完了通知を受け取り、確認します。施工が完了したことを管理組合にも報告し、確認を行います。給湯器の動作確認を行い、問題がないことを確認します。

8.アフターサービス

施工の完了後も、給湯器の保証やアフターサービスについて確認します。問題が発生した場合には、速やかに業者に連絡し、対応してもらうことが大切です。定期的な点検やメンテナンスも行うことで、長期間にわたって安心して使用することができます。
分譲マンションの場合は、管理組合が中心となって進行されることが一般的です。したがって、住民としては管理組合や管理会社とのコミュニケーションを大切にし、手順についての確認を行うことが重要です。

給湯器を賃貸マンションで交換する流れ

賃貸マンションで給湯器が故障した場合、基本的にはオーナーや管理会社が対応します。住民のかたは早急に報告し、指示を仰ぐことが重要です。

1.故障の報告

給湯器が故障した場合、速やかにオーナーまたは管理会社に報告します。どのような症状が出ているのか、リモコンにエラーメッセージが表示されている場合はその内容も伝えます。また、故障時期や頻度についても詳細に説明します。

2.修理または交換の手配

報告を受けたオーナーや管理会社が修理または交換の手配を行います。業者に連絡し現地調査を実施し、給湯器が修理可能か、あるいは交換が必要かを判断します。この際にオート機能やフルオート機能の有無なども確認します。

3.工事の実施と確認

オーナーや管理会社からの指示により、業者が工事を実施します。工事日時は事前に調整し、自宅にいることが求められる場合が多いです。また、工事の進捗や完了時には確認を行い、問題がないかをチェックします。

4.費用負担

一般的には、賃貸物件の給湯器交換費用はオーナーが負担します。ただし、故意や過失による故障の場合には、住人が一部または全額を負担する場合もあります。契約内容や保証の範囲を確認し、不明点があればオーナーまたは管理会社に問い合わせることをお勧めします。長期的には、定期的なメンテナンスや点検を行うことで、故障を未然に防ぎ、お湯のトラブルを避けることができます。
以上の手順に従うことで、分譲マンションと賃貸マンションそれぞれの状況に応じた適切な給湯器交換を行うことができます。途中で疑問や問題が生じた場合は、専門家や業者に相談することで、スムーズに進行させることができます。

マンションの給湯器交換は正直屋

分譲マンションにお住まいの方や賃貸マンションのオーナーの方々へ、 正直屋は最適な給湯機器の提案と高品質な交換サービスを提供します。 費用対効果の高い24号のノーリツ製品をはじめ、様々な選択肢がありますので、ぜひお気軽にご相談ください。 正直屋なら、信頼できる施工スタッフと適切な給湯機器の選定で安心してお取替えができます。
どこに頼むべきか迷った時は、正直屋にお任せください。我々の専門知識と経験で、最適な解決策をご提供します。お問い合わせお待ちしております。
給湯器の問い合わせはコチラ

関連記事

給湯器の寿命ってどのくらい?交換を判断するタイミングについて

給湯器を交換するにあたって必要な資格とは?

 

お気軽にご相談ください

お電話からでも大丈夫!
お電話1本、最短30分以内に駆けつけます!

即日対応

無料見積

激安価格

安心工事

お電話でのお問い合わせ

0800-123-9100

24時間受付中 年中無休
メールからのお問い合わせ
LINEからのお問い合わせ