メインビジュアル

給湯器の寿命ってどのくらい?交換を判断するタイミングについて

ガス給湯器は日常生活において不可欠な設備の一つであり、お風呂やキッチンでのお湯の供給を効率的に行う役割を果たしています。しかし、給湯器もさまざまな故障やトラブルに直面する可能性があります。この記事では、ガス給湯器の故障のタイプや原因、自己診断の方法、修理費用、自分で修理できる範囲とプロに頼むべき修理、修理と買い替えの判断基準、そして給湯器の交換時期について詳しく説明していきます。

給湯器の寿命はどのくらい?

給湯器の寿命は一般的に10年~15年程度とされています。もちろん使い方や、使う頻度、給湯器の種類にもよりますが、標準的な条件で使った場合、安全上の支障がなく使用可能な設計標準仕様期間はメーカーでも「10年」と設定しています。
一般社団法人日本ガス石油機器工業会でもガス機器・石油機器には寿命があり、長く使っていると重大な事故につながる可能性がある旨を啓発しています。
日本ガス石油機器工業会の該当のページへ

給湯器の寿命や交換時期を示すサイン

部品の交換や修理で問題が解決することもありますが、給湯器を7~8年以上使用している場合は、故障が寿命によるものである可能性が高いです。その際は、買い替えを考えてみることをお勧めします。
以下に、給湯器が寿命に達している可能性がある症状を挙げてみました。

1.使用中に異音がする

給湯器は通常音を発しますが、小さな爆発音や聞いたことのない変わった音が聞こえる場合は寿命による可能性があります。

2.温度がうまく調整できない

お湯の温度が安定せず、設定温度よりも高くなったりぬるくなったりする場合、またはシャワーのお湯の温度が調整できない場合は寿命の兆候かもしれません。

3.ガスなどのいやな臭いがする

ガス臭がする場合はガス漏れの可能性があり、すぐに専門業者に点検を依頼するべきです。

4.水漏れする

本体からの水漏れは内部部品の劣化を示唆し、給湯器の寿命が近いことを示すサインです。

5.サビついている

給湯器にサビが見られる場合は内部の劣化が進んでいる可能性があり、交換の検討が必要です。

6.黒い煙が出る

不完全燃焼を示す黒い煙が見られる場合は、危険が伴う可能性があり、すぐに専門業者に連絡して修理または交換を検討すべきです。


これらの症状に加えて、お湯は出るがお湯はりができない、ふろ給湯器の追焚きができないなどの症状も、給湯器が寿命に達しているサインとなりますので、注意が必要です。

事故リスク

経年劣化した機器を使い続けると以下のようなリスクがあります。
・機器や配管からの漏れによる火災のおそれ
・設定温度と違うお湯が出たりすることでヤケドのおそれ
・燃焼初期の異常(爆発)着火のおそれ
・不完全燃焼によるCO中毒のおそれ

事故を未然に防ぐにために、ぜひ正直屋へご相談ください。
いつ頃から使ってるか分からない、そんな方もお任せください。専門スタッフがお調べ致します。
給湯器の問い合わせはコチラ

関連記事

古い給湯器を使い続けるのは損!給湯器交換でガス代が安くなる‼

給湯器の処分するには?処分方法から注意点まで解説

お気軽にご相談ください

お電話からでも大丈夫!
お電話1本、最短30分以内に駆けつけます!

即日対応

無料見積

激安価格

安心工事

お電話でのお問い合わせ

0800-123-9100

24時間受付中 年中無休
メールからのお問い合わせ
LINEからのお問い合わせ