メインビジュアル

給湯器の処分するには?
処分方法から注意点まで解説

壊れた給湯器や古くなった給湯器。処分方法はどうしたらいいの?処分費用はいくらかかるの?そんな疑問にお答えします!

給湯器は粗大ゴミとして処分できるのか

給湯器は事業者の取り外しを得たあとに、産業廃棄物として扱われるゴミです。 ガス・水道・電気などさまざまな配管が通っている設備のため、取り外しだけでなく処分する際にも専門的な知識を必要とするのです。 そのため、産業廃棄物を処分できない自治体では、給湯器を粗大ゴミとして取扱いできません。

メインビジュアル

給湯器の処分方法

使う事がなくなったり、古くなったりした給湯器はどのように処分するのが適切なのでしょうか?具体的な処分方法について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

給湯器を新しく取り付けした業者にそのまま依頼

最も一般的といえるのが、給湯器の新しく取り付けした業者にそのまま回収も依頼することです。ガス会社や電気事業者、給湯器取り付け業者なども選択肢となります。最もスムーズにできる方法なので、忙しい方にとっては最もおすすめです。

正直屋は給湯器の交換だけでなく、不要な機器の処分費、交通費、運搬費などもコミコミの金額でうけたまわっています。わからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

リサイクル業者へ買い取り

給湯器の一部や材料がリサイクル可能である場合、自治体の指定のリサイクル施設に持ち込むことができる場合があります。買い取ってもらえるのであれば、処分費用がかからないだけでなく売却による利益を得ることもできるでしょう。ただ、自分で店舗などへ運ばなくてはいけないので、時間と手間がかかってしまいます。

不用品回収サービスの利用

不用品回収業者に依頼すれば、給湯器を引き取ってもらえます。電話1本で指定の場所までき取りに来てくれるため、手間がかからないのが利点です。ただし業者によって別途費用がかかることがあるので、トラブルを避けるためには事前に料金をチェックしておくことが大切でしょう。

まとめ

なかなか難しい給湯器の処分。正直屋では、給湯器の交換を処分費なども含んだコミコミの金額でおこなっております。給湯器に関して気になることがあればお気軽にお問い合わせください。
給湯器の問い合わせはコチラ

関連記事

給湯器の法定点検とは?

給湯器を長持ちさせたい!メンテナンス方法をご紹介

お気軽にご相談ください

お電話からでも大丈夫!
お電話1本、最短30分以内に駆けつけます!

即日対応

無料見積

激安価格

安心工事

お電話でのお問い合わせ

0800-123-9100

24時間受付中 年中無休
メールからのお問い合わせ
LINEからのお問い合わせ