メインビジュアル

給湯器の法定点検は
安心な暮らしを守る必須項目

ガス給湯器は、キッチンやお風呂など毎日の暮らしに欠かせないお湯を供給する重要な機器です。 しかし、長年利用していると部品や製品が劣化したり、汚れが蓄積したりして、故障や事故のリスクが高まります。 そこで重要となるのが、法定点検です。

法令や規制に基づき、専門の業者によって実施され、 通常は一定の期間ごとに計画的に行われる点検作業のことをいいます。 法定点検についての情報を一覧にしましたので、もしもの為にも参考にしてみてください。

法定点検の主な目的や内容

給湯器の法定点検は、日本国内で「長期使用製品安全点検制度」と言われる法令に基づき、経済産業省が定めたものです。 これは、石油及びガス焚焼器具、高圧ガス製造装置、特定保守製品などの特定製品について、 設計標準使用期間内に定期的に実施することを所有者に義務付けた制度です。 給湯器が安全に使い続けられることを保証し、お客様の安全を最優先に考えたサポートを提供するために点検が行われます。 点検を行う項目は以下のものがあげられます。

安全性の確認

給湯器が安全に稼働しているかどうかを確認します。ガス漏れや排気がきちんと排出されているか、点火装置の動作確認などを行います。給湯器が効率的に動作し、所定の性能を発揮しているかどうかも確認し、燃焼効率やお湯の供給温度などが対象となります。

法令・規制の遵守

地域や国によっては、給湯器の法定点検が法律や規制で定められていることがあります。これらの法令や規制に適合しているかどうかを確認します。

メンテナンスの必要性の把握

法定点検をすることで、将来的にトラブルや故障を予防するためのメンテナンスの必要性を把握します。必要に応じて修理や部品の交換が行われることがあります。

法定点検の頻度や内容は地域や国によって異なります。通常は、給湯器の法定点検は1年に1回または2年に1回の頻度で行われることが多いです。法令や規制に基づいて行われるため、不動産を所有されている方や住民の方はこれらの点検に立会するなどの対応が求められます。
会計

法定点検の金額と所要時間

法定点検は、専門の業者に依頼して行われます。一般的な費用は約1万円程度で、所要時間は約60分です。法定点検を実施することで、将来的な故障やトラブルを未然に防ぎ、給湯器の長く使用することができます。

法定点検は必ず行いましょう

給湯器の法定点検は、日本において法令によって義務付けられています。具体的な法令は地域や自治体によって異なりますが、一般的には『ガス事業法』や『住宅衛生法』に基づいて、給湯器やガス機器の安全確保や適正な運用を目的とした法定点検が行われます。

『ガス事業法』に基づく点検

ガス事業法に基づく法定点検は、ガス機器(給湯器も含む)の安全性を確保するために行われます。これには、ガス漏れの有無や排気の異常、点火装置の機能確認などが含まれます。

『住宅衛生法』に基づく点検

住宅衛生法に基づく法定点検は、住宅における給湯設備や排水設備の適正な機能を確認するものです。これには、お湯の供給温度や排水の流れ、衛生的な状態などが含まれます。

法定点検はいつ行われるの?

法定点検の時期が近づくと、給湯器のメーカーから通知が届きます。通知を受け取ったら、早めに専門業者に依頼しましょう。特に賃貸物件にお住まいの方は、契約内容によって入居者が法定点検費用を負担する場合があるので、管理会社にも確認が必要です。不動産所有者や管理者の皆さんも、法定点検を怠らずに適切なタイミングで実施するようにしてください。点検を怠ることで住居者の健康な生活環境が損なわれる可能性もありますので、安全性と快適性を確保するために重要な措置です。

「点検商法」に対する注意

法定点検を装った悪質な商法には充分な注意が必要です。不審な業者に訪問された場合は、即座に断り、自治体に相談するようにしましょう。主要メーカーでは、法定点検を含む各種サービスを提供していますので、信頼できる業者を選ぶためにも、事前に確認を行ってください。

法定点検のタイミングまで待つべきか、今すぐ取り替えしたほうがよいのか判断がつかず迷っているという場合は、ぜひ正直屋までご相談ください。スピード対応で修理・交換を承っております。
給湯器の問い合わせはコチラ

関連記事

給湯器を交換するにあたって必要な資格とは?

給湯器の交換は自分でしてはいけない!

お気軽にご相談ください

お電話からでも大丈夫!
お電話1本、最短30分以内に駆けつけます!

即日対応

無料見積

激安価格

安心工事

お電話でのお問い合わせ

0800-123-9100

24時間受付中 年中無休
メールからのお問い合わせ
LINEからのお問い合わせ