メインビジュアル

都市ガスとプロパンガスとは?
選べるならどっちにすればいいの?

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の仕組み、ガスの特徴・性質の違い、料金の違いなどを比較をご紹介します。

都市ガスについて

原料・成分

都市ガスの主な原料は、メタンやプロパンなどの炭化水素です。一般的には、天然ガスや石油から得られる炭化水素を原料として都市ガスが製造されています。都市ガスの主要成分はメタン(CH4)であり、他にもエタン(C2H6)、プロパン(C3H8)などの炭化水素が含まれています。

ガス供給のしくみ

都市ガスの供給は、一般的に地下パイプラインを通じて行われます。都市ガスは中央供給システムによって供給され、地域内の家庭や施設に配信されます。供給された都市ガスは、個々の建物に設置されたメーターを通じて計測され、使用量に応じて請求が行われます。これにより、安定したガス供給が確保され、多くの家庭や事業所で利用されています。

使用可能なガス器具

都市ガスは、さまざまなガス器具で使用することができます。一般的な都市ガスを利用するガス器具には、以下のようなものがあります。
1.ガスコンロ: 調理や料理に使用されるガスコンロは、都市ガスを利用した料理用の主要な器具です。
2.給湯器: シャワーやお風呂のお湯を沸かすための給湯器にも都市ガスが使用されます。
3.ガス温水器: 洗面所や台所などで使用される温水を供給するためのガス温水器も都市ガスを利用します。
4.ガスファンヒーター: 暖房を目的としたガスファンヒーターも都市ガスを利用した暖房器具です。
これらのガス器具は、都市ガスを使用して快適で便利な生活をサポートしています。

熱量

都市ガスの熱量は、一般的には単位体積あたりの熱量として表されます。日本では、都市ガスの熱量は一般的にはメガジュール (MJ) あたりの単位で表されます。都市ガスの熱量は地域によって異なる場合があり、これは供給されるガスの成分や品質によって異なります。一般的には、都市ガスの熱量はお湯を沸かしたり暖房を行う際のエネルギー源として重要な指標となります。

料金制度

都市ガスの料金制度は地域や供給事業者によって異なりますが、一般的には以下のような要素が含まれます。
1.基本料金: ガスメーターの設置や維持にかかる基本的な料金です。
2.使用料金: 実際に使用したガスの量に応じて課金される料金です。一般的には、使用量に応じて単位あたりの料金が設定されます
3.エネルギー調整料金: エネルギー価格の変動に伴い、料金を調整するための料金です。
その他の料金: 例えば、安全保障費や環境負荷削減費など、さまざまな目的で課金される料金が含まれることがあります。

これらの要素を考慮して、都市ガスの利用料金が計算され、請求されます。

プロパンガス

原料・成分

プロパンガスの主な原料は、石油や天然ガスです。一般的には、石油精製の副産物として得られるプロパンや天然ガスから得られるプロパンなどがプロパンガスの主要な成分となります。プロパンガスは、プロパン(C3H8)を主成分として含んでおり、その他にもブタンやエタンなどの炭化水素が含まれています。

ガス供給のしくみ

プロパンガスの供給は、一般的には専用のタンクやボンベを通じて行われます。プロパンガスは液化石油ガス(LPG)として貯蔵・輸送され、それぞれの家庭や施設に専用のタンクが設置されて供給されます。供給業者は定期的にタンクを補充し、家庭や施設が必要なときにプロパンガスを利用することができるようにします。これにより、安定したプロパンガス供給が確保されます。

使用可能なガス器具

プロパンガスは、さまざまなガス器具で使用することができます。一般的なプロパンガスを利用するガス器具には、以下のようなものがあります。
1.プロパンガスコンロ: 調理や料理に使用されるプロパンガスコンロは、プロパンガスを利用した料理用の主要な器具です。
2.プロパン給湯器: シャワーやお風呂のお湯を沸かすための給湯器にもプロパンガスが使用されます。
3.プロパンガス温水器: 洗面所や台所などで使用される温水を供給するためのプロパンガス温水器も利用されます。
4.プロパンガスファンヒーター: 暖房を目的としたプロパンガスファンヒーターもプロパンガスを利用した暖房器具です。
これらのガス器具は、プロパンガスを使用して快適で便利な生活をサポートしています。

熱量

プロパンガスの熱量は、一般的にはメガジュール(MJ)あたりの単位で表されます。具体的な数値は地域や供給業者によって異なる場合がありますが、一般的にはプロパンガスの熱量は1リットルあたり約25MJから28MJ程度とされています。この熱量を利用して、プロパンガスは調理や給湯、暖房などさまざまな用途に使用されています。

料金制度

プロパンガスの料金制度は、地域や供給業者によって異なりますが、一般的に以下のような要素が含まれています。
1.ガス料金: 実際に使用したプロパンガスの量に応じて課金される料金です。一般的には、使用量に応じて単位あたりの料金が設定されます。
2.レンタル料金: ガスタンクやボンベのレンタルにかかる料金が含まれることがあります。
3.安全保障費: 安全対策や保守管理に関連する費用として課金される場合があります。
4.その他の料金: 例えば、エネルギー価格の変動に伴う調整料金や環境負荷削減費など、さまざまな目的で課金される料金が含まれることがあります。
これらの要素を考慮して、プロパンガスの利用料金が計算され、請求されます。

都市ガスとプロパンガス、どちらがおすすめ?

もし、ガス種を選べるとしたらどちらがおすすめなのでしょうか?
料金を安く抑えたいなら都市ガスになります。しかし、料金よりも火力を重視したいというのであれば、都市ガスの2倍以上の熱量があるプロパンガスがおすすめです。
都市ガス、プロパンガスのライフスタイルに合わせて選択しましょう。
給湯器の問い合わせはコチラ

関連記事

給湯器の種類とその特徴について

ガス料金の計算方法とは?

お気軽にご相談ください

お電話からでも大丈夫!
お電話1本、最短30分以内に駆けつけます!

即日対応

無料見積

激安価格

安心工事

お電話でのお問い合わせ

0800-123-9100

24時間受付中 年中無休
メールからのお問い合わせ
LINEからのお問い合わせ