メインビジュアル

エコキュートで水圧が一番高いのは、
どこのメーカー?

エコキュートは、環境への配慮と高効率な給湯を両立するシステムとして、多くの家庭で注目を集めています。しかし、エコキュートの導入を検討する際、水圧の問題が気になる方も少なくありません。従来のガス給湯器では約500kPaの水圧が一般的なので、エコキュートに交換すると、水圧が落ちてしまうのではと心配される方も多くいらっしゃると思います。

エコキュートの水圧が弱い主な理由は、その構造にあります。エコキュートは「貯湯式」という給湯方式を採用しており、貯水タンクに水を貯める際に減圧を行うため、水道の水圧(200〜400kPa)から190kPa程度まで下がってしまいます。

標準的なエコキュートの水圧は約170~180kPaと、従来のガス給湯器の約3分の1程度になりますが、最近の技術革新により、高圧給湯タイプのエコキュートでは水圧が向上し、約280~320kPa以上の水圧を実現しているものもあります。

この記事では、主要メーカーのエコキュートにおける水圧性能を詳しく比較し、各家庭のニーズに合った製品選びをサポートします。最新の技術革新により、一部のエコキュートモデルでは従来の給湯器を大きく上回る水圧を実現しています。以下は水圧の高い順にランキングした結果です。

ランク メーカー 名称 水圧(kPa)
1 日立 ナイアガラ出湯 500
2 パナソニック ウルトラ高圧 450
3 ダイキン パワフル高圧給湯 320
4 三菱電機 ハイパワー給湯 290

それぞれのメーカーの特徴について詳しく見ていきましょう。

エコキュートの水圧性能の比較

1.日立

日立 日立のエコキュートは、「ナイアガラ出湯」というシステムを採用し、業界トップクラスの500kPaという高水圧を実現しています。この水道直圧方式により、従来のエコキュートの課題であった水圧の弱さを大幅に改善しています。「ナイアガラ出湯」システムの特徴は、シャワーや浴室、台所など複数箇所で同時に給湯を行っても、水圧が低下しないことです。これにより、朝の忙しい時間帯でも家族全員がストレスなく快適に湯を使用できます。

参考サイト: 日立公式サイト

2.パナソニック

パナソニック

パナソニックのエコキュートは、「ウルトラ高圧」システムで最大450kPaの水圧を実現しています。高層住宅でも十分な水圧を確保し、複数の蛇口の同時使用時も安定した水圧が維持されます。また、湯はり時間も短縮され、シャワーの勢いが向上するなど、快適性が高まります。ただし、高性能を発揮するためには十分な水道圧が必要で、コスト面も考慮が必要です。

3.ダイキン

ダイキン ダイキンのエコキュートは「パワフル高圧給湯」モデルで320kPaの水圧を実現。3階建て以上の住宅でも十分な水勢を確保し、コンパクトな設計ながらも高い加圧能力を持つのが特徴です。さらに、独自の水流制御技術により、無駄な電力消費を抑える工夫がされています。

4.三菱電機

三菱電機 ダイキンのエコキュートは「パワフル高圧給湯」モデルで320kPaの水圧を実現。3階建て以上の住宅でも十分な水勢を確保し、コンパクトな設計ながらも高い加圧能力を持つのが特徴です。さらに、独自の水流制御技術により、無駄な電力消費を抑える工夫がされています。 エコキュートの水圧性能に関して、日立、パナソニック、ダイキン、三菱電機、の4社はそれぞれ特徴ある性能を有しており、いずれも一般的な住宅用途には十分な能力を備えています。純粋な数値で比較すると、パナソニックの「ウルトラ高圧」モデルが最大450kPaと最も高い加圧能力を示し、大きく優位に立っています。次いでダイキンの「パワフル高圧給湯」モデルが320kPa、三菱電機の「ハイパワー給湯」モデルが290kPa、パナソニックの従来の「パワフル高圧」モデルが280kPaとなっています。

これらの高圧給湯タイプは、標準的なエコキュートの水圧(170〜190kPa)を大きく上回る性能を持っており、特に3階建て以上の住宅や、水圧が特に重要視される設備(例:レインシャワー)がある家庭に適しているといえます。

実際の使用感は数値ではなく、設置環境や配管状況にも大きく左右されます。配管の長さや曲がりの数、使用する蛇口の種類なども、体感される水圧に影響を与える要因となります。また、280kPa〜320kPaの差は、日常的な使用では大きな違いを感じにくい可能性もあります。

エコキュートの水圧からの湯張り機能

エコキュート選びにおいて、もう一つ重要なのが「湯張り機能」です。水圧を適切にコントロールすることで、短時間でムラなくお湯を沸かすことができます。各メーカーに水圧が向上するすることで湯張りの時間が短縮できるんです。各メーカーの湯沸かし時間がどれぐらいか比較してみましたので、参考にしてみてください。

メーカー 機種名 最速湯沸かし時間

(180リットル浴槽の場合)

特徴
日立 ナイアガラ出湯 約9分30秒 ・水道直圧方式で最大500kPaの高水圧を実現
・追い焚き湯沸かし時間も短縮
パナソニック ウルトラ高圧 約11分

(1階設置の場合)

・320kPaの高水圧
・マイクロバブル機能搭載で肌あたり優しいお湯に
ダイキン パワフル高圧給湯 約12分 ・通常モデル:約14〜15分
・節湯シャワーヘッドとの組み合わせでさらに節水
三菱電機 ハイパワー給湯 通常より25%短縮

(「お急ぎお湯はり」機能)

・省エネ性能も高い

エコキュートを購入するにあたり、水圧や湯張りのスピード以外の要素(省エネ性能、耐久性、アフターサービスなど)も考慮する必要があります。こうした慎重な検討と専門家の意見を参考にすることで、お客様のニーズに最も適したエコキュートを選んでください。正直屋では各種話題の機種を取り揃えていますので、何かご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
エコキュートの問い合わせはコチラ

関連記事

エコキュートの水圧を上げる方法3選!

エコキュートの交換を考えている時に知っておきたいポイント

お気軽にご相談ください

お電話からでも大丈夫!
お電話1本、最短30分以内に駆けつけます!

即日対応

無料見積

激安価格

安心工事

お電話でのお問い合わせ

0800-123-9100

24時間受付中 年中無休
メールからのお問い合わせ
LINEからのお問い合わせ