メインビジュアル

エコキュートの選び方は、
これでもう迷わない。

エコキュートは、電気で動く給湯器です。従来のガス給湯器に比べて、ランニングコストが安く、環境にも優しいことから、近年人気が高まっています。 しかし、エコキュートには様々なメーカーや機種があり、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 そこで、ここではエコキュートの選び方について、基本的なポイントから解説します。

エコキュートを選ぶポイント

エコキュートを選ぶ際には、以下のポイントを参考にしましょう。

家族構成やライフスタイルに合ったタンク容量を選ぶ

タンク容量は、エコキュート本体にお湯を貯めることができる容量のことです。エコキュートは貯湯式なので、タンク容量は、家庭の人数や使用量に合わせて選択する必要があります。一般的に、タンク容量が大きいほど多くのお湯を貯めることができますが、それに伴って本体の大きさや設置スペースも必要となります。また、これから家族が増える可能性があるご家庭や、シャワーの回数が多い場合、親戚や友人などがよく来るといったご家庭の場合には、目安より大きめの容量を選ぶ方がおすすめです。以下の目安を参考に容量を検討してみてください。

370L
3~5人のご家庭の場合、エコキュートのタンク容量の目安は「370L」です。
460L
4~7人のご家庭、エコキュートのタンク容量の目安は「460L」です。
550L
7~8人のご家庭、エコキュートのタンク容量の目安は「550L」です。
ベストなタンク容量は、家族構成やお湯の使い方によって変わるので、少し余裕のある容量のタンクを選ぶことをおすすめします。

※メーカーごとに対応する人数は異なる場合があります。

ただし、これはあくまで目安であり、実際に必要なタンク容量は、以下のような要素によっても変わってきます。

追い焚き機能の利用頻度

追い焚き機能を使うとタンクのお湯が減り、必要な湯量確保や快適入浴時間が難しくなります。電気代節約のためにも、460L以上のタンク容量を選ぶのがおすすめです。追い焚きは最後の手段に、設定温度は低めに設定しましょう。

お風呂の浴槽の大きさ

大きな浴槽は湯量が多いため、追い焚き機能で沸かすのに時間がかかります。タンク容量が小さいと、追い焚きを複数回行う必要があり、電気代や故障リスクが増加してしまいます。

日中不在が多いご家庭

日中不在が多いご家庭は、460L以上のタンク容量で深夜電力でお湯を沸かし、追い焚きを抑え、無駄な沸き上げを防ぐことができるので、大きいタンクが必要です。


ごく一例ですが、エコキュートの購入にメリットがあるかどうか参考にしてみてください。

エコキュートの種類

エコキュートにはフルオートタイプ、オートタイプ(セミオート)、給湯専用の3種類があります。それぞれのタイプで使える機能に違いがあるため、使用目的に合わせた選択が重要です。

エコキュート 比較

フルオートタイプ

自動湯はりや追い焚き機能など、全ての機能が搭載されているタイプ。 フルオートタイプ

オートタイプ(セミオート)

自動湯はり機能のみ搭載されているタイプ。 オートタイプ

給湯専用タイプ

お湯を沸かすことしかできないタイプ。 給湯専用

自動湯はり

エコキュートの自動湯はり機能は、予め設定された時間にお湯を沸かす機能です。これにより、特定の時間に必要なお湯を用意することができます。

沸き増し

タンク内お湯を満タンまで沸き上げます。

お湯はり予約

予約した時間にお風呂にお湯がはれます。

配管清浄運転

循環ポンプ運転で循環清浄を行います。

非常用水取出し

災害などで断水したとき、タンク内の水を生活用水として利用できるよう、非常用コックを装備。
ベストなタンク容量は、家族構成やお湯の使い方によって変わるので、少し余裕のある容量のタンクを選ぶことをおすすめします。※メーカーごとに対応する人数は異なる場合があります。

エコキュートのタンクの形状

エコキュートを設置する際には、ヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットを設置するスペースが必要となるため、設置場所に合う形状の貯湯タンクユニットを選ぶことが大切です。ベストなタンク容量は、家族構成やお湯の使い方によって変わるので、少し余裕のある容量のタンクを選ぶことをおすすめします。

※メーカーごとに対応する人数は異なる場合があります。

370L

スタンダードな角型

幅が約60cm・奥行きが約70cmほどの形状をしているスタンダードな形状タイプです。

メリット

各メーカーから様々な型式が出ており、ラインナップが豊富です。エコキュートの省エネ性能を示す年間給湯保温効率の高さは、薄型は「2.8」であるのに対し角型は「3.3」と高く、薄型より省エネ効率が優れています。

デメリット

角型エコキュートは、タンクの重量もあることから基礎工事を要するなど、取付スペースを考えておく必要があります。
460L

省スペース設計の薄型

幅が約45cm・奥行きが約110cmほどのサイズで、狭小スペースでもスッキリ設置の場所をとらない省スペース設計。

メリット

薄型は非常にスリムな設計となっているため、自宅のちょっとしたスペースに配置でき、設置場所を確保する必要はありません。角型エコキュートに比べて販売価格が高い傾向にあり、初期コストがかかります。

デメリット

薄型は角型エコキュートに比べて商品ラインナップが乏しく、容量や機能面・仕様などが限定されがちなので、角型エコキュートに比べて販売価格が高い傾向にあります。

エコキュートの給湯圧力

370L

標準圧

一般的な給湯圧力です。以前はシャワーの水圧が弱くなると言われてきましたが改善されてきています。各メーカーほぼ170kPaの水圧です。
460L

パワフル高圧

シャワーの勢いがよく快適。おふろやキッチンなど、2カ所で同時にお湯を使っても快適にご使用いただけるパワフル高圧。売価でも標準圧と比べて5000円ほどの違いなものも多く、今後10数年使うならパワフル高圧がおすすめです。

エコキュートは地域によって仕様が変わる?

標準のエコキュートは、外気温-10℃で90℃のお湯を作ることができます。下の図のようにマイナス25度までの地域では寒冷地仕様のエコキュートにする必要があります。
寒冷地仕様

寒冷地仕様について

北海道・東北・甲信越・北陸などの一部特定の寒い地域に特化したエコキュートが、寒冷地仕様のものとなります。基本的に、エコキュートは一般地仕様と寒冷地仕様の2種類に分けられますが、外気温が低く一般地仕様のエコキュートがうまく機能しない寒冷地は、寒冷地仕様のエコキュートを使う必要があります。もし、一般地仕様のエコキュートを寒冷地で使うと水が凍結して配管や貯湯タンクにダメージを与えてしまいます。そのため、エコキュートを寒冷地で導入するときには、必ず寒冷地仕様かどうかを確認して購入しましょう。

耐塩害仕様・耐重塩害仕様について

エコキュートの設置場所から海までの距離が約300mを越え1km以内なら耐塩害仕様、距離が約300m以内なら耐重塩害仕様がおすすめです。潮風に弱いエコキュートを守るため、耐塩害仕様のエコキュートにはタンクやヒートポンプに防サビ・防腐処理が施されているのです。

耐塩害仕様

海により近く、潮風が直接当たりやすいところに設置する場合は、防錆・防腐処理を施した「耐重塩害地用」タイプが適しています。

※メーカーごとに対応する人数は異なる場合があります。

耐塩害仕様 耐重塩害仕様

耐重塩害仕様

エコキュートの設置場所から海までの距離が約300mを越え1km以内なら耐塩害仕様、距離が約300m以内なら耐重塩害仕様がおすすめです。潮風に弱いエコキュートを守るため、耐塩害仕様のエコキュートにはタンクやヒートポンプに防サビ・防腐処理が施されているのです。
460L
エコキュートの問い合わせはコチラ


関連記事

ダイキンのエコキュートが選ばれる理由①

ダイキンのエコキュートが選ばれる理由②


お気軽にご相談ください

お電話からでも大丈夫!
お電話1本、最短30分以内に駆けつけます!

即日対応

無料見積

激安価格

安心工事

お電話でのお問い合わせ

0800-123-9100

24時間受付中 年中無休
メールからのお問い合わせ
LINEからのお問い合わせ